2018年 05月 01日 ( 1 )

松戸市北小金の保育園の砂入れを行います。

5年ぶりの活動となります。
東葛地区の放射能は時間と共に少なくなっています。
私たちは挫けないで一軒一軒丁寧に除染しすべての場所でほぼ原発事故前の放射能汚染レベルまで下げてきました。
今回、砂入れを行う保育園もかつて私たちが除染をした場所です。
現在の砂場は保育園の線量計では自然放射能程度とのことです。
しかし、あれから時間が経ち砂場の砂が減ってきてしまっているそうです。
今回、補充する砂は3t近くになります。
5年前の作業に比べ、放射線量は減ってはきているものの、砂を入れることにより安全性が失われてはなりません。
しかし、大量の砂は多かれ少なかれ自然放射能も含んでいます。
必要によっては天地返しも必要となると思います。
作業は今年中に行う予定です

a0211294_035450.jpg

参加出来そうな方は
matsudo_mmt@excite.co.jp
(担当 森)
まで連絡してください。
詳細が決まりましたら詳しい活動内容をお知らせします。

[PR]
by matsudo_mmt | 2018-05-01 21:15 | Tokatsu safe project