人気ブログランキング |

2012年 05月 08日 ( 1 )

ゴールデンウィーク!ガイガースコップ隊員の活動紹介

今回はGWの隊員の活動を紹介します。
洗浄(戦場?)担当、森は宮城県石巻市で北上の大川小学校と南三陸の防災庁舎跡の献花台の清掃をして、九十九里大網白里町の大里綜合管理の皆様と仮設住宅の方たちに鰯を振舞ってきました。
行動担当、松浦は宮城県亘理町へ力仕事へ行ってきました。
a0211294_23292830.jpg
a0211294_23302856.jpg
そして、除染担当、室岡は福島市東部山口地区でかなりの高線量に挑んできました。
MMT隊員は松戸で活動しない時でも、常に震災復興と放射能低減について考え行動しています。

GWを福島で過ごした、室岡の手記をどうぞ!

「花に願いを」除染プロジェクト報告
日時:4月29日‐5月2日
場所:福島県福島市東部山口地区

要約:今回は4日参加しかなりの重労働を炎天下でこなす。参加者も多く初日は30名を
越えた。リピーターを中心にして作業を進めたが被曝及び疲労を極力避けるべく15‐20分
作業し10分休息を繰り返した。夏の作業計画や服装を考える良い機会になった。特に仮
設テントは日陰のない作業現場に有難い。

a0211294_23351056.jpga0211294_2335586.jpg
個人的に楽器を持って行き日々の日課をこなせたが手作業による握力の低下とがさつき
により満足な音にはならなかった。私の寝床は通路ホテル。笑
a0211294_23553173.jpg

28日夜常円寺到着、宿泊

29日早朝、御住職にお誘い頂き作業予定箇所の下見をする。神社、農道、給食センター、
等かなり多岐に亘り線量の高い箇所もある。

朝食後私、永野さん、田澤さん、出雲市の方と四名で計測班を組み農家前の畑に敷き詰
められた藁と牛糞からなる堆肥を計測する。幅3メートル、長さ10メートル、厚さ20センチ程度。
事故による放射性物質降下後、ここに運ばれて来たらしく線量はかなり高い。余計な被曝を
避けるべく一時間半を目標に作業を進める。
a0211294_23364571.jpga0211294_23374166.jpga0211294_2338789.jpga0211294_23393462.jpg


まず周囲6ヶ所と対角線の交わる中心、計7ヶ所の地表と地高1メートルの空間線量を永
野さんがアロカ172B、沃化ナトリウム計測器にて測定。最大は地表で毎時12μを記録。平
均すると地表は5μ、地高は3μと全体がホット・カーペット状になっている。

次に道路を隔てた農家に向かって1、2、3メートルと順に離れ地高1メートルの空間線量を
測り影響度を調べる。3メートル離れないと1μ以下にはならないのを確認した。作業量的に
は目検討で約8から10トン、400袋程度は除去する必要があると思われる。早目に計測作業
を終えて本部に帰投する。

昼食後は地元町内会との連合で道路肩の高線量スポットを除染した。総勢30名位で全長約
400メートルを達成。私は5μを越えるホット・スポットを何箇所か潰す。この日は5月初旬ながら
気温が32度近くまで上がり数ヶ月前までは雪と氷に悩まされていたのが嘘のよう。冬用の防
護服を着込んでいたので発汗によりかなりの消耗。夏の対策を考えないと行けないが軽装で
は危険な為兼ね合いが難しい。

30日は午前・午後共堆肥の除去に専念する。かなりの作業量になるのでA, B, C班、各6名
程度を編成する。C班は地元の方。まずA,B班が堆肥床に入る。C班は家のブロック塀直下
の路肩に溜まった土を除き箒で清掃し線量の低減に努める。
15分毎に10分休息を取り被曝を抑えながら班の役割を交代。気温は30度近くに上がり背中が
熱い。堆肥は藁が鋤き混んであり粘土状で固くとても重たい。炭袋に詰め過ぎないようには
するがつい一人では苦しいものも出る。出た袋は順次軽トラで山頂の仮置き場へ搬出する。

午後になって地表が現れ出し作業の山を越える。地表面では大体1.0μ以下で浸透度は低い。
取り残しや 手を付けてない周囲を慎重に測り小まめに取り除く。最後に山砂を二トン程度表
面に薄く被せると0.5前後まで低減出来た。堆肥より1、2、3メートル離れた空間線量も全て
1.0以下を実現出来た。
かなりの重労働だったが全員の協力により無事達成する。身に付けていた積算線量計は5時
間で8μSvを記録する。

翌日の午前は15名程度の編成で仮置き場に上がり運んで来た堆肥をビニール袋から除染太助
に移す作業をする。これも線量が高く袋が重いのでかなりの重労働。二人一組になり20分毎に
10分の休みを鋏み作業を進める。新たに50本太助が到着する。一本で大体200キロ入るので
総重量は10トンを上回る。午前中に全て詰替を終わり袋の山も無くなった。

午後は給食センターから先に伸びる通学路を清掃。然程高い所はないが数カ所5μを記録する
雨樋直下のスポット有り。5名の小班で臨むが午後は途中で終了。

2日最終日は昨日の続きで2μのベルトがある民家の前を全員で除染し1.0以下を達成した。
a0211294_23413776.jpg

by matsudo_mmt | 2012-05-08 00:04 | 活動