「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ガイガースコップ部隊出動

幼稚園の表土除去、除染活動を行います。

場所 金ヶ作さつき幼稚園
日時 8月7日 午前7時半集合 8時作業開始

上記のボランティア作業者を募集します。参加希望の方はメール(matsudo_mmt@excite.co.jp)でご連絡ください。

幼稚園関係者以外、松戸市外の方の参加も大歓迎です。自分たちの手で子どもたちの被曝を少しでも少なくしたいと思われる方、1つ幼稚園を皮切りにこのような活動を広げていきたい方。単純にいい汗をかきたい方。是非ご参加いただければと思います。



(2011/08/01追記)
服装、持ち物について質問がありましたので、追記致します。

【服装】
・長靴
・手袋(軍手、ゴム手袋等)
・長袖
・長ズボン
・帽子
・マスク

【持ち物】
・ショベル、スコップ
・ゴミ袋
・飲み物(水分補給用)
・(お持ちの方のみ)線量計

※服装、持ち物共に必須ではありません。お持ちでなくても出来る作業がありますので、無理に購入して頂く必要はありません。

8月7日の作業は表土の除去のみを予定しており、水を使った洗浄の実施予定はありません。削った表土を入れる土のう袋やブルーシート等は園で用意いただく予定です。



(2011/08/02追記)
・駐車場は空きがわずかしかありませんので、車でいらっしゃる方は事前に確認が必須となります。
・移動手段としては、バスが利用できます。最寄駅は馬橋駅から常盤平方面のバス(10分以上)か常盤平駅から馬橋行のバス(約5分)になります。バス停はいずれも八坂神社前で徒歩1分です。
・着替え場所、荷物の保管場所は園で用意していただきますので、到着後に着替えていただくことが可能です。
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-07-28 13:45 | ガイガースコップ部隊

小金周辺計測結果

先日、計測希望者にMMTメンバー所有のRD1706を1日お貸しして、自宅やその周辺を計測して頂きました。結果のレポートを作成していただきましたのでご紹介いたします。

【注意】今回の計測機はRD1706でβ線の遮断もしていません、ですので値は高めに出ているはずです。また、別の計測レポートや行政の計測とは計測機種が異なりますので単純に値の比較は出来ません。GM菅使用機種ですので、その点からも値は高めに出ているはずです。

松戸市小金周辺放射線値検査結果.pdf - Powered by Google Docs

別途感想もいただきましたので紹介いたします。

【旦那様から】
報道されているように、やっぱりホットスポットは数値が高いのだな、と思った。
自分で測ることで、どこが高くどこが低いというのがより詳細にわかって納得でき良かった。
どうもありがとうございました。

【奥様から】
今まで部屋干しをしていましたが、風向きによっては今後は外干しでもいいのかな、と思った。
寝室だけはもう少し低めたいので、より有効な除線方法を学び、理想的な数値に近づけたいと思います。

子どもたちが日常的に放射線を浴びている事実も目の当たりにしました。
免疫力を高める食を食べさせ、長い休みは田舎に帰省することで、少しでも体の負担を和らげたいと思います。


【MMTメンバーの感想】
東京のビルの中(勤務先)で、シンチレーション式の線量計では0.05程度が表示される場所でも今回お貸ししたRD1706では0.08~0.10程度が表示されることを確認しています。ですので、一部0.06が表示されたということで「こんな値が出ることがあるのか」と驚きました。

マンションの室内に関してはホットスポットとはいえ、GM菅の機種では測れない程度に低い値であり、安心できる環境であることが多いということが改めて確認できたと思います。もちろん測定者様の日々の努力が非常に大きいことは間違いがないと思います。

屋外に関しては小金周辺は残念ながら松戸市の中でも比較的高い値が計測されています。これは残念ながら事実ですので、きちんと値と傾向を知り、無駄な被曝を避ける行動を取ることが必要だと思います。


ちなみに私の自宅は木造2階建てで、頑張って除染しているものの、1階で0.15程度、2階の天井近くでは室内でも0.2程度出てしまいますので、マンションにお住まいの方を羨ましく思います・・・。


今回の計測者様は素敵なレポートを作成してくださいましたが、簡単な感想をいただければ十分ですので、他にも計測希望の方がいらっしゃいましたらメールでお問い合わせいただければと思います。
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-07-22 17:18 | 計測

私たちは松戸市の除染を進めます。

7月17日、第5回の会合が開かれました。
残念ながら松戸市の対策は遅きに逸しています。市が動くよう積極的に働きかけていくことを確認しました。

今後の活動

1、ガイガースコップ除染活動
・松戸市を安心して子育てできる町にする。
・市と協力して進めていけるように働きかける。
・市に対して実験的に除染をする場所(公園、幼児施設等)の提供を求める。
・各自,幼児施設など除染に協力して頂ける施設を探す。

2、ガイガー放射線計測活動
・市民の皆様の要望に応える。
・松戸市の現状の周知。


☆随時募集してます!☆
皆で助け合い、協力して松戸をキレイにしましょう!
・私たちと一緒に除染活動をしていただける方。
・放射線計測器をお持ちの方で、計測活動をしていただける方。

☆ご連絡ください!☆
・除染をご希望の幼稚園、保育園、その他施設
・公園などの除染にご協力いただける町会
これらがありましたら、ご連絡ください。

連絡はmatsudo_mmt@excite.co.jpまでメールでお願いいたします。
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-07-21 14:57 | 会合

測定希望者様の測定報告

【きっかけ】
測定をお願いしたきっかけは、自宅のベランダ越し
10m先に有る大きな藪です。
藪は小生宅の5階よりも高くそびえ立ち、いかにも
放射性物質が溜まっていそうな印象を受けていました。

【測定内容】
0歳の娘が受ける線量を特に心配していたので、
今回の測定高さは10cm程度でお願いしました。

場所:松戸市内のマンション5階
測定器:PA-1000 Radi
高さ10cm                   単位:μSv/h
----------------------------------------------
↑藪に近い

 ・ベランダ
  (コンクリート壁の内側) 0.105
  (コンクリート壁の上) 0.155
 ・リビング
  (窓 開放前) 0.086
  (窓 開放後) 0.088
 ・和室 0.089
 ・寝室 0.074
 ・玄関 0.076
 ・共用廊下(屋外) 0.092

↓藪から遠い
----------------------------------------------

 ・ 藪からの放射線の影響が間違いなく認められる。
   放射性物質の飛散による内部被曝を予防するため、
   ⇒ 風の強い日は窓を閉めるよう、引き続き心がける
   ⇒ 屋外には洗濯物を干さないよう、引き続き心がける
 ・ 室内の線量は、全体的に問題のないレベルであることが確認できた。
   ⇒ 風の落ち着いた日は、窓を開放しても室内の線量は問題ない。
   ⇒ 但し引き続き拭き掃除は続ける。
 ・ 特に藪と反対側の室内は、線量が非常に落ち着いていることが
   確認できた。

【感想】

「どの部屋の線量がどの程度か」 「何に気をつければ良いか?」が
具体的となり、大変 気が楽になりました。
非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました。

放射線問題を解決する第一歩は「関心をもつ事」
様々な形で情報収集、整理する事が必要だなぁ、と改めて感じました。

会の皆様には、心より感謝しております。
本当に気持ちが救われました。どうもありがとうございました。

【測定してみて】
測定希望者様のマンションは5階建ての5階なので、屋上からの放射線も
測定されてしまうかと思いましたが、あまり影響がなかったようです。

そのかわり、道路を挟んでのかなり生い茂った藪があり、5階という高い場所
にも関わらず、窓際の方は玄関側に比べて若干高かったです。

とくにマンションのベランダのコンクリートの壁の上では、直接藪からの放射が
みられる為か、多少高い値を測定しました。

ただ、室内の線量は比較的低い値ですので、安心して過ごすことが出来る
値だと思いました。
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-07-17 18:30 | 計測

市長との面談のご報告

先日の市長との面談のご報告です。

市長との面談、予定の30分という時間を越え1時間弱も時間を割いて頂き、話をして参りました。その後の環境担当部長兼放射能部会部長の川上様との面談をいれると1時間半に渡るものとなりました。

皆様の思い、署名11729の重みを感じながら精一杯伝えようと努めて参りました。参加者全員が発言することができましたし、市長からの誠実な答えも頂くこともでき、有意義な面談となったと思っております。
a0211294_14163927.jpg

a0211294_14194479.jpg

市長からはこのような言葉を頂きました。
・国が言っている基準、数字とは別に、少しでも被曝を少なくしなくちゃいけない。
・安全安心に子供達が暮らせるようにしていこう、という気もちは皆さんと一緒です。
・お金はかかるけど、それは別としてやらなくちゃいけない。
・幼稚園などより小さい子どものところから、また線量の高いところから始めて行くべきことだう。
・今いろいろなやり方、表土は何センチ削れば良いのかや汚染土の処分の仕方、などを検討している。
・出来るだけ早く手を打っていきたい。

今この場では明確なことはいえない、もう少し時間がほしいとのことで、もう一押し力不足で残念ではありましたが、行政と市民皆で協力して問題を解決していこうということは共有できたと思いますし、市長は必ずや大いなる道しるべをお示しになることと思います。

六市放射線対策協議会が8日にあります。目まぐるしく動く可能性もあります。注目して参りましょう。

一つの区切りではありますが、きっとこれが始まりです。ここからが本当の活動になるのだと思います。皆様、長い闘いになるかと思いますが、助け合い、励まし合っていけたらと思います。

どうか皆様、よろしくお願いいたします。
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-07-07 14:27 | 活動

2回目の除染活動を行いました。

皆さんこんばんは。ガイガースコップ部隊 隊長の胡田(ebi)です。

7月3日に第2回目の除染活動を行いましたのでその結果を報告します!

まず、今回の参加者ですが、MMTメンバー5名に加えて東葛ガイガー会から@SOSOAOさん、@TatsuyaSasaki1さん、@greennnappleさんにも見学に来ていただきました。色々と技術的な話もできて非常に勉強になりました!今後も連携させてください。よろしくお願いします!

また、この日はNHKのTV取材も入り、撮影も並行しての実施となりました。こういうのは慣れていないのでカメラを向けられるとどこを向いて誰にむかって話したらいいのかわからなくなったりしました・・・。

さて、今回の除染活動のテーマは「実験」です。計測と除染を繰り返し行いました。道具も盛りだくさんです。
a0211294_22541171.jpg



■ガイガーカウンター
今回はGM菅をつかったガイガーカウンターが4台集まりました。シンチレーション式のものがなかったのが少々残念でしたが、噂の自作β線シールドを生で見れたのがよかったです。本当に凄い完成度でした・・・。
a0211294_22505561.jpg


今回は除染の効果を確かめるために、β線シールドあり、無しの2台をあえて地面に直接置いて計測を行いました。また、スピードを重視して平均値は取らずに時間をおいてから4サイクル経過後の値をそのまま拾う事にしました。

ですので、今回の計測値は市が公開している値との比較にはまったく使えません。あくまでも値の変化に注目して見ていただければと思います。

特にβ線シールド無しで地面に直接置くと、μSv/h表示の値は大きくなり正しい値ではなくなります。ですが逆にそのことによって表面の汚染の変化の度合いが分かりやすいはず…と思いこのようにしました。


■アスファルト
まずアスファルトで除染前の状態を計測。
a0211294_22542740.jpg


β線シールドなし:0.84
β線シールドあり:0.34

かなりの値の違いがあります。β線シールド無しはきちんとβ線を拾っており、β線シールドありの方はきちんとβ線がシールドできていることがわかります。
大きく出過ぎている値とはいえ、0.84も出るとちょっとドキッとします・・・。


前回の除染ではアスファルトはあまり値が下がらなかったのですが、今回はネット上で除染効果が高いと言われている重曹+グリセリンを用意してみました。
重曹:グリセリン:水を1:2:2の割合で混ぜ、それを撒いたうえで、デッキブラシで擦ってみました。その後、水で洗い流します。
今回は実験的意味合いが強いので、狭い範囲に対して行いました。
a0211294_22584862.jpg


この状態でまだ水で濡れているうちに計測を行いました。

β線シールドなし:0.84 → 0.43
β線シールドあり:0.34 → 0.39

結果、β線シールドありのほうは値が微増しましたが、これは計測誤差範囲だと思われます。一方β線シールド無しの方は大幅に値が下がりました。これは「β線の影響が無くなる程度には放射性物質が除去された」というように解釈できます(※水で地面が濡れていることによるβ線の遮断効果もあると思います)。それと同時に「空間線量が下がるほどには除染出来ていない」とも取れます。

この状態でさらに、重曹とグリセリンに対して水をほんの少ししか混ぜないようにしてもう一度実験してみました。
a0211294_22594335.jpg

かなり濃いめです。濃いほうが効果があるのではないかと思っての実験ですが・・・。

結果は・・・
β線シールドなし:0.84 → 0.43 → 0.45
β線シールドあり:0.34 → 0.39 → 0.41

残念ながら、効果なし、という感じでした。
やはり、アスファルトの線量を下げるのは容易では無いようです。

ただ、β線のシールド無しに関して値が明らかに下がっています。下がったということは多かれ少なかれ放射性物質が剥がれて流れたはずです。
事故後、一度も掃除をしていないような所は是非掃除をするべきでしょう。

■庭の土
次に庭の土に関してです。ここには3つの場所があります。

1. 事故後、一度薄く表土を削ったところ。
β線シールドなし:0.48
β線シールドあり:0.30

2. 事故後、まだ手を付けていないところ。
β線シールドなし:0.52
β線シールドあり:0.49

3. 1の場所から削った土を積み上げておいたところ。
β線シールドなし:1.08
β線シールドあり:0.59

見事に傾向が出ていました。削りとった表土の値の高さはかなりのものですね・・・。

【事故後、一度薄く表土を削ったところ】
まずは事故後に一度表土を削ってある場所の土をうすく(2~3cm)削って計測しました。
a0211294_2312153.jpg

β線シールドなし:0.48 → 0.22
β線シールドあり:0.30 → 0.21

値が落ちてます。土は削ればすぐに値が落ちることがここでも確認されました。
今回はどこまで掘れば変化がなくなるか(どこまで浸透しているか)を見るために同じ場所をさらに(合計4~5cm程度)削って再度計測しました。
a0211294_2331956.jpg

β線シールドなし:0.48 → 0.22 → 0.18
β線シールドあり:0.30 → 0.21 → 0.17

さらに値が下がりました。おそらくこれ以上は掘っても下がらなそうですが・・・、念のため、さらに(合計7~10cm程度)削って再度計測しました。
β線シールドなし:0.48 → 0.22 → 0.18 → 0.16
β線シールドあり:0.30 → 0.21 → 0.17 → 0.22

値がばらついていますが、計測誤差程度だろうと思います。




【事故後、まだ手を付けていないところ。】
次に、事故後なにも手を付けていないところの土も同じような傾向なのかを4~5cm程度削れば十分なのかどうかを確かめるために削って計測しました。
a0211294_23283173.jpg

a0211294_235974.jpg

β線シールドなし:0.52 → 0.37
β線シールドあり:0.49 → 0.30

先程のところと比べると、値が若干高めです。なので、さらに(7~10cm)削ってみました。
β線シールドなし:0.52 → 0.37 → 0.23
β線シールドあり:0.49 → 0.30 → 0.23

7~10cm程度削っておおよそ値が下がりきったでしょうか。


土へどの程度放射能が浸透しているかというのは土の質や雨の量等によってかなり変わると思われますが少なくとも今回実験した場所ではすでに梅雨などの影響もあり、地中の10cm程度までは浸透していたと考えられます。

この結果から、一律で何cm削る…というような対応ではなく、対象の場所で実際に計測をした上でその場所にあった深さを確認することが望ましいと思われますし、どんどん浸透してしまう可能性を考えると早急な対応が望まれます。

アスファルトの除染は難しそうですが、土は削れば劇的に値が落ちます。被曝は少なければ少ないほどよく、簡単に線量を下げられる手は打つべきだと思います。


作業後は土を土嚢に入れおかたずけです。
a0211294_23273524.jpg



・・・ちなみに余談ですが、TV撮影でガイガーカウンターの値を取るときに画面が反射して値が見えなかったりしてしまうので、手でおさえたり影を作ったりしました。TVの映像を作るというのは色々大変なんだなぁと改めて感じたりしました。
a0211294_2319062.jpg



それにしても、除染活動が「暑い」季節になってきて汗をダラダラ垂らしながらの作業となりました。次回以降はきちんとした休憩と水分補給をプランに入れた上で除染作業に望もうと思います。自宅の除染に取り組む方も熱中症には気をつけて作業をされるようにしてください!

(2011/07/05追記)
@SOSOAOさんから以下のコメントを頂きました。皆さん参考にしてみてください。
剥がした後は事故が収束するまでなにかでカバーするなり、安全な土でカバーするなりしておくといいよって書いたほうがいいかもです。剥がすにも限界あるので次があったら面倒です。ぼくだったらウッドタイルみたいなの敷きます。外しやすいし、なんかあったら染み込んで捨てやすいから。

[PR]
by matsudo_mmt | 2011-07-04 23:34 | ガイガースコップ部隊

放射線量測定希望者宅の測定

先日、測定希望者様宅へうかがい測定してまいりました。
希望者様の了承を得て公表させて頂きます。

場所:松戸市内のマンション及びその周辺
測定器:PA-1000 Radi

測定基本方法
3分以上その場で測定し安定してからの平均
高さ50cm                   単位:μSv/h
----------------------------------------------
マンション廊下 0.095

玄関踊り場 0.038
リビング中央 0.040
リビング窓際 0.043
子供部屋 0.041
寝室 0.035
納戸 0.040
ベランダ塀の上 0.080
ベランダ中央 0.050
ベランダ側溝 0.058

マンション前道路 0.277
歩道側溝アルミ格子 0.519
拘置支所植え込み 0.367
拘置支所近辺 0.324
一中前木陰 0.269

相模台小学校前 0.313
横断歩道脇草むら 0.397
曲がり角木の根本 0.612
聖徳歩道レンガ上 0.416
聖徳歩道中央公園前 0.392

中央公園滑り台下 0.406
中央公園砂場中央 0.476
中央公園ブランコ下 0.324
中央公園中央芝生憩いの場所 0.507
----------------------------------------------
(これらの測定値は、専門家ではなく個人が独自に測定したものです、ご参考まで)

【測定希望者様のご感想】

自宅の線量が思っていたよりも低めでホッとしたというのが率直な感想です。
毎日ではないにしても、年末の大掃除のような作業に疲れていました。
しかし結果をみて除染作業の効果がしっかり出ていたので、
また頑張ろうという気持ちが湧いてきました!

除染作業に効果があるとわかれば、影響の大きいと思われる子供達が
過ごす場所の除染作業を松戸市に早急に求めたいと考えます。
もちろん市民として、ボランティア等必要であれば参加致します!

また、周りのご家族との放射性物質に対する温度差も大きく悩む原因でしたが、
同じように悩む方の存在を知る事ができたのも私にとっては大きな収穫でした。

勇気と誠意を持って、素晴らしい会を発足して下さった皆様に感謝いたしております。


【測定してみて】

自宅がよく除染活動をされていたせいもあり、非常に低い数値でした、
ちなみに、測定者もマンションに住んでおりますが、0.075~0.089μSv/h程
ですので、室内においては、かなり低く安心出来るかと思いました。

やはり、問題は公園や草むら、側溝などの放射線量の高さです。
特に、コンクリートの蓋でなく、アルミの格子状の蓋だと0.5μSv/hを超えてしまいました。
また、今回松戸中央公園を測定しましたが、子供達がよく遊んでいる、
中央にある芝生の場所、こちらも0.5μSv/hを超えてしまいました。

子供達は、側溝の上など端っこを歩きます、公園でも遊んでいます。
これらの事から、一刻も早く除染をすることの意義をを改めて感じました。
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-07-01 14:50 | 計測