「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:活動( 23 )

北松戸さつき幼稚園、活動報告です。

a0211294_7334083.jpg
今回は残った園庭の表土剥ぎ、袋詰め、そして前回も協力頂きました九曜株式会社の増田社長が搬入したユンボを自ら操作して巨大な穴を掘って頂きました。本当のプロの技を披露して頂きましたよ。容量は 3(w) x 6(l) x 3.5(h)メートルです。

休み時間には松戸市の放射線対策部門に所属する鈴木市会議員が時間を割いて下さり私達に現状と課題を報告して下さり知識を深めました。時折ドカ雨に見舞われる天候でしたが前回と比べると凌ぎ安かったです。

作業は順調に進み午後からは軽トラで土嚢袋を運び穴の底にシートを敷き一袋一袋手作業で落とし込みました。総量は約2,400袋です。重量にして約40トン位でしょうか。その上から汚染水が漏れないようにシートを被せユンボで土を一メートル以上被せて頂きました。掘った土は事故前の線量約0.06-0.08μSvを示し安定していますが粘土が主なので園庭には撒けません。埋め戻した場所の上に二メートル程度の山を作り子供達の遊び場にしました。

5時頃に終了し一同記念写真を撮ったりMatsudo Safe Projectのマスコットである「安心だゾウ」君を園長先生と職員の方に進呈し除染作業の閉めとしました。今回は準備段階から完工までかなりの準備と作業をこなしましたが内容と言い規模と言いアマの業績としては最上と思います。

参加頂きました皆様方に厚く御礼申し上げます。

文責:室岡喜一郎
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-09-09 07:34 | 活動

Tokatsu(Matsudo) safe project第一弾!幼稚園放射能安全対策を完了しました。

Tokatsu(Matsudo) safe project第一弾!幼稚園放射能安全対策を完了しました。

MMTの活動の一環として、除染など主に活動を中心として集まったメンバーで作ったTokatsu(Matsudo) safe projectの活動第一弾は「北松戸さつき幼稚園」を放射能を福島原発事故前の数値まで戻し放射能の心配の無い「安全地帯」を作るというものでした。現在千葉県東葛地区は放射能汚染された焼却灰が廃棄出来ないなど除染計画に大きな歯止めとなっています。しかし、小さな子供たちから放射能を遠ざける事を遅らせる訳にはいきません。私たちは放射性廃棄物現地地中保管を基本として「市民が自ら動き安心出来る現地完結型の除染を進める事にしました。
その第一弾である「北松戸さつき幼稚園」を夏休み期間中に「放射能安全地帯」とする事が出来たので、その紹介です。2日間に渡るとても大きなプロジェクトでした。

先週の最高地表温度44℃越えの炎天下8月26日からの続きである9月2日の今回は、曇り、集中豪雨、晴れ、雷と自然が乾いた土を濡らしてくれ作業する時は晴れてくれるという、お天気に感謝する1日でした。
今回は子供たちが一番遊ぶ遊具ゾーンからのスタートです。
園の地表は私たちが活動する前は平均0.15μSv/hあったのですが今回の作業で0.06~0.08まで下げる事ができました。
a0211294_13163798.jpg

a0211294_13165949.jpg

a0211294_13232138.jpg

作業開始と同時にはじまった、保管用の穴掘りのスタートです。
今回は深さ3メートルある50トンの容積の穴を(株)九曜の増田社長さんがボランティアで掘ってくださいました。さすがプロです。こんな大きな穴を短時間で掘ってくれました。シロウトなら機械ごと穴に落ちそうです。
a0211294_13214522.jpg
a0211294_13222088.jpg

a0211294_13235691.jpg

子供たちの安全のため、みんな真剣です。
そして結果はご覧の通りです。
a0211294_13272580.jpg
a0211294_13274570.jpg

a0211294_13293510.jpg

作業の合間に松戸市市議会議員「鈴木だいすけ」さんが松戸市の放射能対策のお話しをしてくれました。国の方針に従い松戸市も頑張ってくれているようです。
a0211294_13342469.jpg

そして大きな穴が幼稚園に出現しました。7.5x3.5x深さ3mの容量50トンの大きな穴です。下りるのはハシゴが必要な程でした。
a0211294_13375377.jpg

土嚢を入れる前にブルーシートを敷き詰め地中に土嚢の中身が染み出さないように遮蔽しました。
a0211294_13391681.jpg

地中保管前に穴の周りに土嚢を集めています。その数2,400袋で約24トンです。
a0211294_13411360.jpg

50トンの容積の穴の半分まで土嚢が入りました。
a0211294_13423914.jpg

a0211294_13431664.jpg

砂場の砂も測ると0.15μSv/hあったので全部取りました。その重さは5トンにもなりました。取ったあとは0.08までさがりました。
a0211294_13443318.jpg

30トン近く集まった土嚢をブルーシートで多い上から盛土です。汚染土嚢から地表までは1.5メートルありますので地表への影響はありません。
a0211294_13483549.jpg
a0211294_13485548.jpg

a0211294_13493166.jpg

最後は土嚢を埋めた穴の盛土の山の前で記念撮影です。
a0211294_1352234.jpg

a0211294_13524965.jpg

園全体が0.1μSv/h未満の震災前に戻せたので、我チームのマスコット「ここは安全だゾウくん」を園長、保母さんにお渡しする事ができました。今回は大きな敷地でしたので3頭のゾウくんをあずけてきました。
a0211294_13554423.jpg

我チームのマスコット「ここは安全だゾウくん」で~す。
a0211294_19366100.jpg

おまけ
最後の最後に今回スコップをお借りした松戸から福島を支援しているNPO「Power of Japan」さんの事務所にスコップをお返ししてきました。善意ってどこかでつながっているんです。
a0211294_13583250.jpg

Tokatsu(Matsudo) safe projectの連絡先はこちらです↓
matsudosafeproject@live.jp
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-09-03 13:58 | 活動

Matsudo safe project 遂に幼稚園の放射能安全対策が開始されました。次回は9月2日です。

Matsudo safe project 幼稚園の放射能に対する完全封じ込め作戦とも言える安全対策がスタートです。
松戸市も懸命に放射能対策に取り組んでくれていますが、出来ない部分は市民自らが立ち上がり実行しましょう。
私たちMatsudo safe projectはそのお手伝いをします。
今回はそんな立ち上がった市民のみなさんとの活動です。

地表温度44℃の中、全員一丸となって頑張りました。
a0211294_2223638.jpg

a0211294_22234485.jpg

今回は放射能ドック説明会と放射能医療相談会も同時開催。
市民レベルで行政以上の内容を実現する事ができました。
放射能ドック説明会
a0211294_22263474.jpg

医療相談会
a0211294_2228991.jpg

そして、この効果!
はじめ0.17μSv/h以上(地表)あったんです。やれば下がります!まだ迷ってる方は連絡下さい。(気温、湿度は限界レベルでした~。休憩はこまめにとりました。)
a0211294_2231234.jpg

最後に記念撮影。
午前中で帰ってしまった方は申し訳ありません。
a0211294_22333870.jpg

a0211294_22341479.jpg

次は9月2日(日)です。
午前7時30分、北松戸さつき幼稚園に集合してください。
重機で大きな穴を掘って土嚢を埋め、天地返し、客土をします。
Matsudo safe projectで行ってきた、幼稚園の除染もいよいよ大詰めです。
最後の活動には大変多くの協力を必要とします。幼稚園でも保護者などにも案内を出し協力を求めていますが、この記事を見てくれた皆さんも是非協力して下さい。
Matsudo safe projectの連絡先はこちらです↓
matsudosafeproject@live.jp
a0211294_22364541.jpg

[PR]
by matsudo_mmt | 2012-08-26 22:38 | 活動

8月26日、9月2日、幼稚園除染ボランティア募集!

Matsudo safe projectで行ってきた、幼稚園の除染もいよいよ大詰めです。
最後の活動には大変多くの協力を必要とします。幼稚園でも保護者などにも案内を出し協力を求めていますが、この記事を見てくれた皆さんも是非協力して下さい。
Matsudo safe projectの連絡先はこちらです↓
matsudosafeproject@live.jp

以下は幼稚園が保護宛に出した案内です↓(幼稚園保護者宛の案内ですので一般の方の参加はMatsudo safe projectまで参加可能日を明記しメールして下さい。)
a0211294_6334937.jpg

[PR]
by matsudo_mmt | 2012-08-23 06:53 | 活動

手強い放射能除去実践解説が無事終了!・・・そして私たちは松戸に「安全地帯」を作りはじめます。

いよいよ8月26日(日)より北松戸さつき幼稚園を放射能の心配の無い「安全地帯」にしていきます。非常に貴重な活動であり、多くの人手が必要です。
安全地帯活動と一緒に、柏にできた「放射能プレミアムドックセンター」の事業紹介もする予定です。
(詳細は近日中にUPします。)
Matsudo safe projectを応援してくれる方の連絡先はこちらです↓

matsudosafeproject@live.jp

今回は継続中の大規模なプロジェクトの一環で云わば「外堀を埋める」作戦でした。入り口のコンクリート面周辺が0.5-0.8μ程度汚染されています。雨で屋根や壁面を伝って来た放射性物質が沈殿したと思われます。

まずはアロカの精密シンチ計で線量を測ります。そして表面に溜まっている土を除きます。次はもうMMTでは標準装備になっている金ブラシ
・たわしで慎重に高い所を擦ります。
a0211294_2184732.jpg

a0211294_2111101.jpg


最後に水で流しました。ここは排水口が傾斜の下にあるので汚染水を下水道に流し込む事が出来ました。向かい側の建物に沿った側溝に雨樋が下の取水口に下っています。容量に制限がありますので雨量が多くなるとどうしても溢れて溜まります。こういう所が高くなりますね。
a0211294_21131342.jpg


ここは高圧洗浄をかけてみました。壁からの影響もあり裸線量は0.4μ程度に下がりました。更に鉛の遮蔽筒を被せ周囲からの影響を減らすと0.2μ程度です。今後の対策としては木下さんお進めの猫砂を詰めた靴下を置いておき時々取り替えると良いでしょうね。
a0211294_21142983.jpg


私が担当した桜の根部分は1μを越えていました。周囲はさほどでもありません。慎重にミニ・シャベルで掘っていくと根が張って枡状になっているのが分かりました。その結果木から流れ落ちてきた雨水が溜まり自然濃縮を繰り返した結果と思われます。
a0211294_2115243.jpg
a0211294_21155144.jpg


土嚢袋二袋程度、約30キロ、土を除くと最終0.2μ程度に下がりました。
後は清浄な土を客土すれば良いでしょう。
a0211294_21175463.jpg


最後に仕上げとして全員でコンクリ表面、L字型幅4メートル長さ15メートル程度、に水を撒きデッキブラシで擦り表面の土を除きました。
a0211294_21195989.jpg


参加した殆どが午前の流山プロジェクトから掛け持ちです。
a0211294_21442575.jpg

幸い日陰もあり水も広く薄く散布できましたし発生した土の量も数袋だったので楽な作業でした。コンクリ表面、土の部分も大方0.1μ台を達成出来ました。
a0211294_21245044.jpg


暑い中参加して頂きました仲間に心から御礼致します。
a0211294_212626.jpg


これからいよいよ本丸と言うか校庭の表土を削り、袋詰めし、重機で掘った大穴に埋め戻す大作業が控えています。
MMT会員及び東葛地域で活動する仲間の方々ご支援・ご協力の程何卒宜しくお願い申し上げます。

文責:室岡喜一郎

いよいよ8月26日(日)より北松戸さつき幼稚園を放射能の心配の無い「安全地帯」にしていきます。非常に貴重な活動であり、多くの人手が必要です。
安全地帯活動と一緒に、柏にできた「放射能プレミアムドックセンター」の事業紹介もする予定です。
(詳細は近日中にUPします。)
Matsudo safe projectを応援してくれる方の連絡先はこちらです↓

matsudosafeproject@live.jp
除染方法や放射能の心配についてのご相談もこちらで受け付けています。
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-08-19 21:55 | 活動

Matsudo safe project 第3弾!手強い放射能除去について実践解説を行います。

少し急ですが、コンクリートに滲みこんだりしてなかなか除去出来ないセシウムなどの除去を北松戸さつき幼稚園で実践する予定です。
「土を取ったり高圧洗浄したけど線量が下がらないんだけど...」といった経験のある方は一緒に参加して対応方法について学びましょう!
もちろん見学だけでも可能です。
福島の高線量地帯でも活躍している室岡さんが直接指導してくれます。
我々も何度か見させていただいていますが、「えっ!こんな道具が使えるんだ!」って毎回驚きの連続です。

日時:8月18日(土)午後3時くらいから
    (当日は午前中に別の作業をした後に現地に向かいますので多少時間にズレが出ますが午後3時には必ず行きます。)
場所:北松戸さつき幼稚園
    (現地集合、現地解散ですが、場所がわからない方はJR北松戸駅まで迎えに行きますのでメール連絡して下さい。)

連絡先はこちらです↓

matsudosafeproject@live.jp

(当日参加も可能ですが出来るだけメールで事前連絡して下さい。)
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-08-15 10:50 | 活動

Matsudo safe project 第2弾!個人宅前側溝清掃終わりました。

Matsudo safe project 第2弾!個人宅前側溝清掃終わりました。
参加された皆さん、お疲れ様でした~。

今回は松戸のみのり台付近の個人宅前の私道の側溝清掃でした。
お宅の前には集積枡が4か所ありました。
何故か草木が生い茂り根を生やしていました。近くの枡は水捌けが悪いのか水が貯まったままでした。
集積枡に草木が生い茂り水が流れなかったせいかU字溝は1㎝から5㎝くらい土はむらになって貯まっていました。
a0211294_19242842.jpg

U字溝の蓋は1枚10㎝くらい厚みがあり重さは20㎏以上ありバールを使い2人がかりで持ち上げてやっと外す事が出来ました。思った以上に力が必要でした。(たぶん女性では無理。)
a0211294_19301520.jpg

集積枡を中心に貯まった土を土嚢に詰めていきました。
今回は貯まっていた土が放射性物質を含んでいる可能性が高いことから。土嚢袋を透明と緑の厚手のビニールで覆い出口を折り返し結束バンドで結ぶという完全包囲としました。これで運搬までの間に袋から漏れ出す心配が無くなります。
a0211294_19365227.jpg
a0211294_19372153.jpg

今回は土嚢袋30袋くらいでした。
これを回収場所まで皆で運びました。
a0211294_19473770.jpg

a0211294_19483939.jpg

a0211294_19493357.jpg

最後は土取り除いた場所を高圧洗浄し仕上げです。
a0211294_19513272.jpg


今回の成果です。
集積枡 :  作業前0.70~3.10μSV/h→作業後0.12~0.20μSV/h
U字溝 :  作業前 0.58~0.66μSV/h→作業後0.12~0.16μSV/h
コンクリート部分 : 作業前 0.42μSV/h→作業後0.27μSV/h 
(注意:全て直置きでの測定値です。)

これで線量も下がり排水も上手く流れるように出来ましたのでMMTの安心宣言マスコット「安心だゾウ君」をお渡しして終了しました。
a0211294_2051769.jpg

今回の課題
集積枡の草木の生えてしまっていた原因は集積枡が浸透型でなく貯留型で横穴の無いタイプで、貯まった水は蒸発するまで無くならない構造でした。雨水用でな汚水との混合のためなのか地盤のせいなのか確認したいと思います。
皆さんのお近くでも詰まった集積枡を見かけたら確認してみてください。


最後はみんなで記念撮影です。
a0211294_207312.jpg


Matsudo safe project はメンバーもまだまだ募集しています。
除染の相談、依頼も募集しています。行政の基準から外れた場所や「自分たちだけでは足りないので応援が欲しい」など相談も受け付けています。
Matsudo safe projectの連絡先はこちらです↓

matsudosafeproject@live.jp
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-08-13 20:15 | 活動

Matsudo safe project 第2弾! 8/12(日)個人宅側溝清掃応援募集!

Matsudo safe project 第2弾!です。
8月12日(日)に松戸市の松戸新田(新京成みのり台駅付近)の個人宅前の側溝清掃(清掃です。除染ではありません。)をしたいと思いますのでよろしくお願いします。予備日を8月19日にしたいと思います。

側溝の長さは10~20メートルくらいで、バールで蓋を外しながら土を土嚢に入れ回収場所に運びます。

集合場所 : ケーヨーデーツーみのり台店
  http://www.keiyo.co.jp/store/detail.php?sid=14
集合時間 : 午前8時(駐車場が閉まっている場合は開くまで現地に駐車してもらいます。)
作業時間 : 2.3時間で終了する予定です。(主催者が体力無いので熱中症計を見ながら休憩はマメにとらせてもらいます。)

スコップは「十能」などの小さめのものが便利です。500円以下で購入できます。

土嚢100袋と高圧洗浄機は依頼宅が用意してくれます。
主催者も50袋くらいとバール2本は持っていきます。


今回の個人宅のご家族は若いご夫妻と小学校低学年のお嬢さんのお三人です。住居は築後三年の瀟洒な二階建てです。


お宅の前の側溝に溜まった泥が1μを越える線量を出していて高い所では3μ前後ありました。あまり水捌けが良くないんでしょう。表の共用駐車場近くの窪みは1μ前後のホット・ベルトになってました。

それ以外の計測結果は(単位 μSv/h)
庭:高さ0cm 0.2~0.3、50 cm 0.15、100 cm、0.10~0.12
家屋内:1階 床 0 cm 0.10 50 cm 0.10以下
2階 北側居室 床 0 cm 0.11 50 cm 0.12~0.15 天井近辺 0.20
南側居室 床 天井近辺 0.09    
一階居室は十分に低い線量です。奥様によると3月以来数ヶ月は毎日床の水拭をされていたとの事。現在は週に1,2回の水拭き。2階北側居室は一階よりもやや高目です。お子さんが低年齢の為に50 cm 線量を測った所、部屋の中心部と窓側とで線量の揺れがあります。窓側(西、北)がやや高目に揺れます。もしやと思い、デスクによじ登り天井近辺を計ると0.20。南側居室の天井近辺の0.09と比してかなりの差があります。
ご主人に伺うと、南側居室はベランダから外壁・屋根など水の届く範囲は全て高圧洗浄機で水洗い済み、北側居室はベランダが無いので、外壁・屋根の洗浄はしていないとの事。線量の数値は正直ですね。屋根の形状が寄棟を基本とした変形で、雨樋が屋根の四方を巡っています。北側居室の窓側天井近辺の値が床面よりも高目になっているのは屋根・雨樋部が関係しているのではないかと推測できます。より安心を得る為に、ベッドを窓際から家の中心部に近い壁際に移動する家具レイアウトの変更を提案しました。

昨年3月以降、早いうちにご夫婦で室内の清拭、庭の表土削り、外壁・ブロック等の高圧水洗浄を行っていらした結果、敷地内は室内、庭ともに国の基準100 cm 0.23を大幅に下回っています。庭にもマイクロホットスポットはありませんでした。


今回の目的はお家の前の側溝に溜まった泥を除去し水捌けを良くしてホット・ベルトを無くす事です。

ご家族の今の不安はお嬢さんが毎日通る自宅前の側溝から出る高線量の数値だそうです。
ここは、私有の道路で行政が清掃してくれないそうです。
ただ、自分たちで清掃した泥は市で回収してくれる事になりました。
みんなで、この側溝掃除をしましょう!

手伝ってくれる方はメールで連絡下さい。人手はまだまだ不足しています。
初めての方の参加も大歓迎します。道具の無い方はお貸ししますのでご連絡ください。
Matsudosafeprojectの連絡先はこちら↓
matsudosafeproject@live.jp
Matsudo safe projectはメンバーも募集中です!

Matsudo safe project by MMT
森 修治
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-08-02 15:22 | 活動

Matsudo Safe Project 、北松戸さつき幼稚園事前計測&作戦会議と第一回顔合せ会の2回目が終了しました。

Matsudo Safe Project 、北松戸さつき幼稚園事前計測&作戦会議と第一回顔合せ会の2回目が終了しました。
1回目に参加出来なかったメンバーも加わり、1回目で失敗した1平方メートルで土を削っての土嚢袋の必要量のシュミレーション。
1回目の失敗の原因は遮蔽測定しなかった事でした。
今回は鉛で遮蔽筒を作って測定しましたので、周辺から来る放射能の影響を受けずに測定する事が出来ました。
ここ、北松戸さつき幼稚園は一度除染を自分たちで行っていますので、現在の測定値は表土で0.13μSv/hくらいです。地表50センチではほとんどの場所は0.1μSv/h以下です。国や行政の除染基準では全く問題の無い数値です。しかし、今回の我々の役目は表土も含め福島原発事故以前の数値に戻し「放射能の事を気にしないで遊べる安全地帯」を作る事です。
今回の測定からここ北松戸さつき幼稚園は表土をあと3センチ削れば平均0.06μSv/hの震災前の原発事故の影響ほぼゼロに下げられる事が確認出来ました。
たった3センチ削るだけですが、園庭全体を3センチ削ると土嚢袋は3,000から4,000袋になります。
これを安全に敷地内に地中に現地保管し、転圧し整地するのですから大変な作業です。
Matsudo Safe Projectは今までの除染と違い、幼稚園を「安全な場所」にする事を目標にしています。
北松戸さつき幼稚園を「安全な場所」にするにはたくさんボランティアの労力を必要とします。
応援して下さる方は
matsudosafeproject@live.jp までご連絡下さい。
皆さんの温かい勇気をお待ちしております。

2回目の作業風景です。今回は流山や原発行動隊のメンバーも合流し、かなり的確な作業となりました。
参加された皆さんありがとうございました。
a0211294_1511192.jpg

シュミレーションの後は土を一旦戻しました。
a0211294_151534.jpg
a0211294_1523046.jpg

最後は駅前で記念撮影。
a0211294_1524312.jpg
a0211294_1542013.jpg

[PR]
by matsudo_mmt | 2012-08-02 15:09 | 活動

Matsudo Safe Project 、北松戸さつき幼稚園事前計測&作戦会議と第一回顔合せ会の一回目が終了しました。

Matsudo Safe Project 、北松戸さつき幼稚園事前計測&作戦会議と第一回顔合せ会の一回目が終了しました。
ときどき小雨が降る中、始動して初めての活動と顔合わせでしたが、メンバーの中には他の団体や被災地で活動しているベテランも多く含まれ予想以上にスムーズに進行することが出来ました。
Matsudo Safe Projectは今までの除染と違い、幼稚園を「安全な場所」にする事を目標にしています。
1回目の活動で反省点というか不備だった点は線量測定の際、遮蔽する鉛板などを誰も持っていなく、いくら地表を削っても線量の低下を確認出来ませんでした。初歩的ミスでした。さっそく作業の帰りにホームセンターで遮蔽道具を作成しましたので、2回目はリベンジしたいと思います。
何故、こんなに削る深さにこだわるのかと言うと、この幼稚園、園庭だけで1,200㎡もあるのです。1㎡を5センチ削ると土嚢袋は5袋くらい必要になります。園庭全体を5センチ削ると土嚢袋は6,000袋にもなってしまいます。大体小学校の25メートルプール並みの保管場所がなければ納まらない計算です。
みんなで勇気、体力、知識を出し合って、出来るだけ効率良く線量を下げ「安全地帯」を作りたいと思います。
1回目の活動風景です。
2本の虎ロープに3メートルおきに赤テープで印を付け交点を結んで3メートルのメッシュ測定中です。
a0211294_177876.jpg


1平方メートルで土を削って土嚢袋の必要量のシュミレーション。>今回は遮蔽測定しなかったので付近の放射能が飛んできてしまい大失敗!次の2回目は鉛で遮蔽してリベンジするぞ!
a0211294_17114932.jpg

a0211294_17122834.jpg


1回目参加メンバーで記念撮影(中央は頼りになる幼稚園バスの運転手さんで~す。)
a0211294_17162185.jpg

a0211294_1717449.jpg

次回2回目の予定です。1回目の反省点など含めながら作業します。まだ人手が足りません。皆さんのご参加お待ちしております。

2回目:平成24年7月28日(土)午後3時JR北松戸駅改札出口集合
タイムスケジュール
15:00 集合
15:30~17:30 北松戸さつき幼稚園事前計測
18:00~19:00 北松戸駅前マクドナルドにて顔合せ会と北松戸さつき幼稚園作戦会議

用意するもの
1. 出来るだけ長袖、長ズボン(汚染土の付着を避けるためでしたが1回目の作業ではTシャツなど比較的軽装でも大丈夫でした。)
2. 長靴(1.と同じく汚染土の付着を避けるためです。無ければ厚手のビニールと輪ゴムで靴を覆って下さい。)
3. 線量計(無い方は結構です。)
4. マスク、メガネなど顔に泥が付かないように出来るもの
5. 着替え(大量の汗が出ると思いますので無いと帰りが惨めです。)
6. 持って来れる方は剣スコップもしくは園芸用スコップ(としていましたが、現地にありましたので持参はしなくて大丈夫です。)
a0211294_17185162.jpg


幼稚園にお願いしたもの
1. 虎の子ロープ(運動会などで使っているそうです。)
  これを使って3メートルおきに線量測定=直置き、50センチ、マイナス1~5センチ(現場で掘ってから考えます。測定後は埋め戻すします。)で予定
2.水道(汚れたものを洗うため)

<特記事項>
園長は事前計測には立ち会えないため園の運転手さんが門の開閉を行ってくれます。
測定・記録はMatsudo safe projectのメンバーで行います。
雨天の場合は前日の午後9時までにメールとブログにてお知らせいたします。

参加される方は、事前計画をしますので matsudosafeproject@live.jp (リンクしていません)までご連絡下さい。
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-07-24 17:22 | 活動