「ほっ」と。キャンペーン

北松戸さつき幼稚園、活動報告です。

a0211294_7334083.jpg
今回は残った園庭の表土剥ぎ、袋詰め、そして前回も協力頂きました九曜株式会社の増田社長が搬入したユンボを自ら操作して巨大な穴を掘って頂きました。本当のプロの技を披露して頂きましたよ。容量は 3(w) x 6(l) x 3.5(h)メートルです。

休み時間には松戸市の放射線対策部門に所属する鈴木市会議員が時間を割いて下さり私達に現状と課題を報告して下さり知識を深めました。時折ドカ雨に見舞われる天候でしたが前回と比べると凌ぎ安かったです。

作業は順調に進み午後からは軽トラで土嚢袋を運び穴の底にシートを敷き一袋一袋手作業で落とし込みました。総量は約2,400袋です。重量にして約40トン位でしょうか。その上から汚染水が漏れないようにシートを被せユンボで土を一メートル以上被せて頂きました。掘った土は事故前の線量約0.06-0.08μSvを示し安定していますが粘土が主なので園庭には撒けません。埋め戻した場所の上に二メートル程度の山を作り子供達の遊び場にしました。

5時頃に終了し一同記念写真を撮ったりMatsudo Safe Projectのマスコットである「安心だゾウ」君を園長先生と職員の方に進呈し除染作業の閉めとしました。今回は準備段階から完工までかなりの準備と作業をこなしましたが内容と言い規模と言いアマの業績としては最上と思います。

参加頂きました皆様方に厚く御礼申し上げます。

文責:室岡喜一郎
[PR]
by matsudo_mmt | 2012-09-09 07:34 | 活動
<< 千葉市の「しらベル」さんを訪問... 【松戸市公式広報】 ◆市の「平... >>