清風幼稚園の除染作業の報告

11月20日 曇り時々晴れ

馬橋にある萬満寺の境内にある清風幼稚園の除染を実施いたしました。
a0211294_22475836.jpg


こちらの園庭は砂に覆われています。
前回の常盤平幼稚園の時もそうでしたが、砂地の場合は砂の粒子に放射性物質が付着しているようで、風雨や園児の活動による砂の流動によって放射能溜まりが偏在する傾向があります。従って細かく計測していかないと線量の高い箇所を見落としてしまう可能性があります。

そこで今回は前日に1メートル四方のメッシュ状に園庭を分割して計測をしました。
計測は、原発で放射線管理の仕事をされているS様にご縁あってお願いすることができました。
a0211294_22495349.jpg


メッシュ状に計測しますと、明らかな傾向がみられました。園庭中央付近は0.1~0.15μSv/hですが、離れるにつれ0.2μSv/h、0.25μSv/hと上がっていきます。特にこの辺は南西の風が強いとのことで、東側に寄っている傾向がみられ線量は0.3~0.5μSv/hと上がっていきます。そして際辺りでは0.6μSv/h、ピンポイントで0.9~1.08μSv/hといった値も計測されました。
そういうところは砂も厚く溜まっています。

勿論、いつものように遊具の下も高く、0.5~0.7μSv/hあります。線量の高い際付近では空間線量も0.3μSv/h以上を示します。これでは子どもを遊ばせるわけにはいきません。

さて、除染作業ですが、中央付近は手を付けず、中央の値にそろえるように周りを削りとることにしました。
メッシュの線を利用して一列一列線量の低減を確認しながら進めることにいたしました。
a0211294_22502720.jpg


今回は永野さんのアロカ社サーベイメータとSさんのサーベイメータ、お二方のご協力があったのでスムーズな活動が可能となりました。感謝の一言です。
私の監督不行き届きもありますが、それでも線量のムラがでてきてしまいます。その都度、削り足りないところを洗い出してもらいながら進めました。放射能溜まりや遊具下など、20センチも削らないといけない箇所もありました。

活動時間は午前9時~12時、午後1時半~3時半。
それぞれ20人から30人の作業人数でほぼ目標の範囲を終えることができました。結果も概ね0.1μSv/h台に低減することができました。

出した土嚢の数はなんと2000袋!です。これを今回は埋めます。園の縁の土建会社のご協力をいただけることになりまして、園の敷地内に埋めます。私としても念願の当該地保管になります。来週26日に実施予定です。
a0211294_2251913.jpg


本日も、子どもたち、日本の未来を守りたい熱意ある沢山の保護者方の参加をいただきました。これを切っ掛けに地域の環境に目を向けて頂けたら幸いです。
園長先生はじめ職員の方々、ご参加いただいた方々、大変お疲れさまでした。
a0211294_22521891.jpg


また室岡さん、森さん、永野さん、ありがとうございました。そしてSさん、除染方法のアドバイスや裏話など貴重なお話をお聞かせ頂きありがとうございました。
これからも日本のためのご活躍期待しております。
よろしくお願い致します。

原公総
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-11-20 20:59 | ガイガースコップ部隊
<< 清風幼稚園の除染仕上げ作業 小金原幼児教室の活動報告 >>