「ほっ」と。キャンペーン

2回目の金ヶ作さつき幼稚園の除染活動を実施しました。

皆さんこんばんは。MMTガイガースコップ部隊隊長の胡田(@ebi)です。

本日、先週に引き続き、金ヶ作さつき幼稚園の2回目の除染活動を実施しました。私は隊長でありながら先週不参加でしたので、張り切って除染活動を行いました!本日はお盆ということもあり前回よりも少なかったですが、参加者は合計21名。このような時期でも子どもたちのために多数の方が集まりました。

私は初めて現地に行ったのですが、あらためて、広い園庭であることを再確認しました。
a0211294_2235253.jpg

a0211294_22354826.jpg

google mapで見ても広いです。
a0211294_2244248.jpg

知っているので地面を削ったことがわかりますが、ひどくでこぼこになっているようなことは無く、言われなければ気がつかない程度です。また、前回0.15μSv/h程度に下がった園庭の線量がそのまま維持されていることを確認しました。


今回は前回手を付けなかった部分の除染を行いました。
残りの園庭。
a0211294_2253373.jpg

遊具の下。
a0211294_2251555.jpg

側溝。
a0211294_22522664.jpg

コンクリート。
a0211294_22542366.jpg

竹やぶ。
a0211294_2258313.jpg

斜面。
a0211294_22564775.jpg



側溝の値は非常に高かったです。β線シールド無しのあくまでも参考値ですが、0.85μSv/hを表示していました。
a0211294_232708.jpg

側溝は除染することで、0.15μSv/hまで下がりました。一方、高圧洗浄したコンクリートの値は残念ながらほぼ下がりませんでした。側溝は濃縮されて高い値が出るものの、普段土があることで、コンクリートへの吸着は避けられているようです。

竹の部分は、下に落ち葉が積もっており、0.6μSv/h程度の値を示していました。落ち葉と一緒に表土を削り、0.2μSv/h程度の値になりました。端はどこも幼稚園の外からの影響もあり、若干線量が高めになっています。
a0211294_2336365.jpg


斜面の部分も端は0.65μSv/h程度の値でした。表土を削ることで0.2μSv/h程度の値になりました。
a0211294_2338076.jpg



そして、作業の途中で、花壇の線量が非常に高いことが判明しました。
a0211294_23422059.jpg

ちょっと写真ではわかりづらいのですが、雨樋からの水が全て花壇の中に直接入ってしまうようになっていました。表面は0.8μSv/h程度の値を示していたのですが、表面の土を削ったところ、β線を多数ひろっている全く正確ではない値ですが、RD1706のβ線シールド無しの直置きで7μSv/hの表示が出ました。結構あちこちで計測してきましたが、ここまで高い値を見たのは初めてで、これは危ないということで花壇も除染を行いました。

線量がとても高かったので、土嚢袋に線量を書き、土嚢をつんでいる山の中心の方に積みました。
a0211294_23495571.jpg


結局、土嚢の山はかなりの大きさとなりました。
a0211294_23514897.jpg

a0211294_23521123.jpg



土嚢は現在地上に積み、ブルーシートで覆っていますが、人力で穴をほって地面に保管できないかどうかの挑戦もしてみました。が、残念ながら人力で穴を掘るのは難しいと判断しました。以下はふたりで10分ほど穴を掘ってみた状態です。
a0211294_00871.jpg

写真ではよくわからないですが、深さはおおよそ30cm程度でしょうか。
表面は柔らかい土で、掘り始めは「いけるかな?」と思ったのですが、掘り進めるうちにすぐに硬い層にぶつかり、ほとんど掘り進められない状況になってしまいました。土の質に大きく依存するとは思いますが、残念ながら大きな穴をほることは人間の手では無理そうです・・・。



色々な場所を除染して色々と気づきがありましたので、得たノウハウをまとめておきたいと思います。

・地面を平らに削るにはスコップ(先が平らなもの)、土嚢に土を入れるにはシャベル(先が尖ったもの)がよい。(※実際に長時間やってみるとこの道具の違いがかなり重要であることを実感しました。)
・斜面は上から下に向かって削るのが良い。
a0211294_23151892.jpg

・斜面を削るのは鍬があるとなお良い。
a0211294_23171966.jpg

・土嚢袋に土を沢山入れると重くなりすぎて運ぶのが大変なので枚数を多く用意し、土は多く入れすぎないようにしたほうが良い。
・高線量の場所は一番最初に手をつけ、先に土嚢を一時保管する場所の中心においておくべき。
・高線量の場所は一番初めによく探しておく、特に雨樋周り、側溝周りは必ずもれなく確認しておくこと。
・雨樋の下などは、連日晴れが続いている場合には、セシウムが沈み込み、表面はあまり線量が高くない場合があるので、数センチ削った値も計測して確認しておくこと。
・土中に表土を保管するための穴を掘るのは、土壌の質にかなり依存するがやはり人力では厳しい。残念ながらこの部分には重機を用意しないと現実的ではないと思う。



これで、金ヶ作さつき幼稚園の除染活動は一段落です。広い園庭ですが表土はひと通り削り、中心の広い部分で0.15μSv/hの値となりました。幼稚園、幼稚園の職員さん、父母、市民ボランティア。みんなで力をあわせることで、「やればできる」ということが証明されました。是非この動きが他の幼稚園、保育園、学校等に広がっていってもらいたいです。

今回の除染は保護者からの要望がきっかけで実現しました。「是非自分のところでも!」と思う方は
ぜひ園長先生、校長先生に金ヶ作さつき幼稚園の事例を紹介してみてください。許可さえ得られれば、私たちも是非協力させて頂きます!
[PR]
by matsudo_mmt | 2011-08-14 00:18 | ガイガースコップ部隊
<< 「松戸市としての指標値と主な対... 金ヶ作さつき幼稚園の園庭の表土... >>